隣の乗客が犯人?謎解きツアーバスの本気度

隣の乗客が犯人?謎解きツアーバスの本気度

バスツアーでは「2時間ドラマのクライマックス」を目の当たりに(編集部撮影)

日帰りバスツアーも付加価値の時代だ。日帰り温泉入浴やグルメをメインに据えて、安くておトク感のあるツアーが多い中で、新たな趣向にチャレンジするツアーもある。クラブツーリズムとテレビ東京ダイレクトの共同企画「ツアー中に何かが起きる?劇場型謎解きツアーin 千葉」は、観光地巡りを中心に据えつつ、“2時間ドラマ”のようなサスペンス要素を盛り込んだ。

6月26日、東京・新宿に集合したツアー参加者を乗せて、8時にバスは出発。高速道路のサービスエリアでトイレ休憩ののち、最初の立ち寄り地は佐倉の武家屋敷、次は佐原の水郷の街並みを散策、昼食は日本庭園のあるレストランで6品のランチコース。銚子駅へ移動して、銚子電鉄に乗車体験。犬吠駅で下車した後、犬吠埼を散策して帰路へ。新宿駅前で19時解散といったスケジュールは一見、よくあるバスツアーと同じだ。

■「刑事」がツアーに参加

11時間の旅で、ツアー代金は1人1万3500円。日帰りバスツアーとしてはちょっと高めだ。しかし、この価格付けにはちゃんと理由がある。このツアーは単なる観光地巡りではない。メインコンテンツは「謎解き」と「サスペンス」だ。犬吠埼で起きる事件を体験したら、お値段に納得。もう一度、参加したくなるという仕掛けだ。

では、ツアーの様子を紹介しよう。

バスが発車してすぐ、ツアーコンダクターが「実は、新宿で殺人事件が起きまして」と、ニュース映像が紹介される。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)