ヴィッセル神戸が目指す「アジアNo.1」への道

ヴィッセル神戸が目指す「アジアNo.1」への道

6月30日の名古屋グランパス戦で勝利したJ1・ヴィッセル神戸。写真中央がイニエスタ(写真:SportsPressJP/アフロ)

スペインの名門サッカークラブ・FCバルセロナのようなサッカースタイルを目指し、改革を進めているJ1のヴィッセル神戸。親会社・楽天の積極的な投資もテコにアンドレス・イニエスタをはじめ海外有名選手を獲得、ヴィッセルへの注目度が増すとともにJリーグも大きく盛り上がった。

しかし、ヴィッセルは今シーズン序盤から連敗を喫し2度の監督交代に見舞われた。「バルサ化」を目指すプロジェクトはまだ始まったばかりだが、これからのクラブをどのように変革していくのか。元日本代表MFであり、強化責任者である三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)に聞いた。(※独自スタイルの確立が目的のため、「バルサ化」という表現はふさわしくないが、一般の方々の間での認知度を考慮し、本原稿ではあえてこの言葉を用いることにしたい)

■6月に今季3人目の指揮官が就任

Jリーグに激震が走ったのは4月17日のことだった。ヴィッセル神戸がフアン・マヌエル・リージョ監督との契約解除を発表したのだ。

リージョはスペインにおいて稀代の戦術家といわれ、現在最高の監督との呼び声高いジョゼップ・グアルディオラが師と仰ぐ人物である。スタイル確立を託して招聘したものの、その時点でのリーグ戦成績は3勝1分3敗の10位。就任からわずか半年での退任となった。

後任には2017年8月から約1年半指揮を執った吉田孝行氏が就いたものの、リーグ7連敗を喫したチームを立て直すことはできず、短期間で退任となった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)