バルサ流育成でヴィッセル神戸はどう変わる?

バルサ流育成でヴィッセル神戸はどう変わる?

ヴィッセル神戸の下部組織、アカデミー部部長の平野孝氏(左)と、FCバルセルナで長く育成を担ったアルベルト・ベナイジェス氏(編集部撮影)

ヴィッセル神戸がアジアナンバーワンクラブになるべく、推し進めている変革がある――。ボールを保持してゴールを目指す攻撃的なスタイルの実現、エンターテインメント性と快適さを追求した新スタジアム構想、そしてもう1つが育成メソッドの確立だ(第1部チーム改革編の記事『ヴィッセル神戸が目指す「アジアNo.1」への道』、第2部クラブ経営改革編の記事『スターだらけのJ1・神戸、クラブ経営改革の要諦』)。

トップチームのスタイルやビジョンが定まった今、クラブ全体のフィロソフィーをアカデミーにも浸透させ、これまで以上にトップチームで活躍できる選手を育てていこう、というわけだ。こうしたアカデミー改革を統括する立場にいるのが、アカデミー部部長の平野孝氏である。

2002年にヴィッセル神戸でプレーした平野氏は、東京ヴェルディ時代のチームメイトである三浦淳寛スポーツダイレクターに請われ、2018年1月にクラブに入った。

■スタイルの転換は下部組織でも同じ

「昨年からヴィッセルで仕事をさせてもらうようになり、4月にアカデミー部部長に就任しました。クラブは昨年、アジアナンバーワンのクラブになるという目標を掲げ、トップチームはボールを保持してゴールを目指す、攻撃的なスタイルへの転換を図りました。

それに伴い、アカデミーもトップチームと同じスタイルを志向し、トップチームが必要とするプロファイル(サッカー選手としての略歴)を持った選手を育てていこうと。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)