「カジノの日本上陸」が不安な人が知るべき事実

「カジノの日本上陸」が不安な人が知るべき事実

日本で“カジノ法”とも呼ばれるIR整備法が成立しました。今後、日本にどのような影響を及ぼす可能性があるのでしょうか?(写真:Eloi_Omella/iStock)

2018年7月、特定複合観光施設区域整備法(以下、IR整備法)が成立し、日本国内に最大3カ所のIRが誕生する運びとなった。“カジノ法”とも呼ばれるIR整備法。はたしてIRはカジノにすぎないのか?

『IR〈統合型リゾート〉で日本が変わる カジノと観光都市の未来』を刊行した、統合型リゾート運営企業である日本MGMリゾーツ社長のジェイソン・ハイランド氏に聞いた。

■統合型リゾートとはいったい何なのか

――ハイランドさんはユニークな経歴をお持ちですね。

私の前職は、駐日アメリカ臨時代理大使でした。2017年の夏に外交官としてのキャリアを終え、現職に就きました。それまでは、在札幌アメリカ総領事館、在福岡アメリカ領事館に駐在し、臨時代理大使になる前は東京のアメリカ大使館で首席公使を務めました。学生時代を含めると、私の日本滞在期間はすでに17年にも及びます。日本は、私にとって特別な国なのです。

――「統合型リゾート」と訳されることも多いIRですが、日本ではまだあまり詳しくは知られていません。

IRは“Integrated Resort”という英語の略です。このリゾートには、カジノ、ホテル、エンターテインメント施設などが含まれ、それぞれを連携させることで魅力を倍増させるようにデザインされています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)