韓国の若者6人が語る「ヘル朝鮮」と「対日感情」

韓国の若者6人が語る「ヘル朝鮮」と「対日感情」

韓国の若者たちはどのような“今”を生きているのでしょうか?(写真:wilightShow/iStock)

輸出の優遇措置の解除や元徴用工問題などにより、緊張感が高まる日韓関係。韓国では日本製品の不買運動がたびたび報じられ、日本では対馬や九州などで韓国人観光客が減少するなど、民間にも影響が出始めています。

一方、日本の若者の韓国への親近感は、引き続き根強いものがあります。私は3月末に調査目的でソウルを訪れましたが、春休み期間中だったこともあり、金浦空港はものすごい数の日本人女子大生らでごった返していました。

私がマーケターとして10年来調査を行っている若者研究の観点から言うなら、いま韓国は、日本の若者、とくに10〜20代女性の多くにとってファッション、コスメ、スイーツ、フード、音楽といった分野で流行の先端を行く国だと、日本の若年層の女子には捉えられています。

その後、日韓関係が深刻にこじれた後も日本の若者への調査を行っていますが、特に若年層の女子の間における韓流支持はあまり揺らぐことなく、根付いています。ただし、日本の若年層の女子の間でも、本人たちの希望はさておき、昨今の日韓関係を鑑み、親が子の渡韓を止めるケースも増えつつあるようです。

さて、韓国の若者たちは日ごろ、どんなトレンドの中で生きているのでしょうか。今回の渡韓では、ソウル市内に住む男女6人に家庭訪問調査を試み、かつ若者が集うトレンドスポットでの街頭インタビューも行い、彼らの意識・生活価値観を探ってきました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)