香港騒乱「中国人民解放軍」の介入はあるか

香港騒乱「中国人民解放軍」の介入はあるか

香港「逃亡犯条例」改正めぐり、デモ隊が占拠し、香港国際空港は全便欠航した(写真:ロイター/アフロ)

目の前で催涙弾が炸裂した。まぶたと鼻の奥がヒリヒリし始める。

ここは戦場でも何でもない。香港は九龍半島の銀座通りともいえるネーザンロード。8月3日(土)夜9時過ぎのことだった。

筆者が香港島で友人と夕食をとり、ホテルへ戻る最中のことである。その晩は九龍一の繁華街、旺角(モンコック)で大規模抗議集会があると聞いて旺角を避け、香港サイドに2駅寄った佐敦(ジョーダン)に宿をとった。

■デモ隊に催涙弾を浴びせかける

佐敦の地下鉄駅の改札を出ると、デモ参加者であることを示す黒シャツを着た若者が蝟集(いしゅう)している。地上のネーザンロードへ出てみると、ビクトリアハーバー方向から黒シャツ隊が旺角方向へと雪崩をうって潰走してきた。その行く手に30人程度の警察官が交差点をふさいで一列横隊となり、催涙弾を雨あられと発射した。ネーザンロードには幾筋もの白煙が立ち上る。

「逃げろ!逃げるんだ!!」

「写真を撮るな!警察の手先か!貴様!!写真を撮った奴は容赦しないぞ!」

怒号がこだまする中、目と鼻を押さえて佐敦駅から直結するホテルの居室に逃げ帰り、テレビをつけて情勢がようやくのみ込めた。

旺角の抗議活動とは別のグループが佐敦駅に近い尖沙咀(チムサーチョイ)警察署を襲撃。れんがや石を警察署内に投げ入れ、署外でごみなどに火をつけたデモ隊に対して、警察が排除行動に出た瞬間に出くわしてしまったのだ。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)