「ありがとう」と言える上司が得する科学的根拠

「ありがとう」と言える上司が得する科学的根拠

いくら仕事ができても、「礼儀」を欠くリーダーでは成功できません(写真:xiangtao/PIXTA)

なぜ本当にできる人は、不機嫌にならないのか? 「職場の無礼さ」の研究に20年を捧げた著者の集大成となる『Think CIVILITY(シンク シビリティ)「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』が発売1カ月で5万部を突破した。

「職場の上司に読ませたい」などの声が集まる本書では、今求められるリーダー像が記されている。会社で自分の地位を上げたいと思ったら、まず仕事で成果を上げることが必要だ。しかし、実際はそれだけではないということが研究でわかってきているそうだ。いったいどういうことか、本書を一部抜粋のうえ、再編集してお届けする。

■少し無礼なくらいの方が出世できる?

あなたの職場の同僚や上司を想像してみてほしい。

同僚は廊下であなたに会えばほほ笑みかけ、あいさつをしてくれるか。上司は、部下に仕事を「どうかお願いします」と頼み、完了してくれたときには「ありがとう」とお礼を言ってくれるか。

皆の上に立つリーダーは、ただ下の者に命令するだけではなく、会話をしたほうがより礼節ある態度といえる。そして、よい仕事をした部下は、時間を取って称賛することが重要だ。

しかし、職場というところでは、こうした礼節ある言動が非常に珍しいものになってしまうことがある。

私がこれまでに会った経営者や管理職のほとんどは、礼節が大切だとする私の意見には明確に懐疑的な姿勢を示した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)