「ありがとう」と言える上司が得する科学的根拠



もし自分が一歩踏み出して、部下を丁重に扱ったら、自分の権威をもはや尊重しなくなるのではないかと恐れたのだ。彼らはとにかく厳しく、粗雑な態度、傲慢な態度を取り、自分を遠い存在に感じさせるべきだと信じていた。少し無礼なくらいのほうがビジネスの世界では出世できると考えていたのだ。

私の実施したアンケート調査では、回答者の40パーセント近くが、仕事の場で下の人間に優しく接したら、それに付け込まれるのではと恐れていた。そして、半数近くが、自分を誇示するのが言うことをきかせる最良の方法だと考えているとわかった。

しかし、この考えは現代には当てはまらないらしい。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)