「妙に威嚇してくる上司」実は味方につけやすい

「妙に威嚇してくる上司」実は味方につけやすい

威圧的な上司、うまく付き合うにはどうしたらいい?(写真:プラナ/PIXTA)

会議室に入ると、腕組みをしてじっとにらみつける上司。言わなくてもいい一言をストレートに口にして、場の空気を凍りつかせる部下……。こうした職場の「困った人」「苦手な人」に振りまわされて、仕事が思うように進まないことはないだろうか? 『職場の「苦手な人」を最強の味方に変える方法』の著者、片桐あい氏が、「エニアグラム」を用いた性格タイプ分析で、職場の人間関係の問題を解決する最適な方法をお伝えする。

■9つのタイプに「苦手な人」を分類してみる

「エニアグラム」とは、個人の特性を9つのタイプに分類する性格診断で、いまから約2000年前に誕生し、当時のイスラム周辺の王家に口伝されてきた帝王学だ。その後、ヨーロッパに広まり、いまではビジネスにも応用できる学問として、スタンフォード大学のMBAの教科だけでなく、CIA(アメリカ中央情報局)の研修にも取り入れられている。

そんなエニアグラムを用いて職場の「苦手な人」を分類すると、以下のような9タイプに分けられる。

タイプ1 = 自己流完璧主義タイプ
タイプ2 = おせっかい・干渉タイプ
タイプ3 = 自慢・手柄横どりタイプ
タイプ4 = 個性的すぎる・嫉妬タイプ
タイプ5 = 分析・評論タイプ
タイプ6 = 石橋をたたいて渡らない・風見鶏タイプ
タイプ7 = あきっぽい・言い訳タイプ
タイプ8 = 勝ち負けにこだわる・力ずくタイプ
タイプ9 = はっきりしない・ぐずぐずタイプ

相手のタイプを知り、それに適した問題解決の手法を実施すれば、相手に対する苦手意識が消え、さらに、あなたの強力な味方になってくれるだろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)