ユニゾ買収、HISはどこでボタンを掛け違えたか

ユニゾ買収、HISはどこでボタンを掛け違えたか

HISの買収提案を退け、ソフトバンク傘下の不動産投資会社フォートレスによる買収を受け入れたユニゾホールディングス(撮影:梅谷秀司)

旅行会社大手のHISに敵対的買収を仕掛けられた不動産会社ユニゾホールディングスが「ホワイトナイト(白馬の騎士)」として選んだ資本提携相手は、アメリカの不動産投資会社フォートレス・インベストメント・グループだった。

8月16日、ユニゾはフォートレスからTOB(株式公開買付け)を受けると発表した。TOB価格は1株4000円。発行済み株式数の66.67%にあたる2281万株を下限に、応募のあった全株を買い付ける。期限は10月1日までで、TOBが成功した場合、フォートレスは残りの株式も強制取得し、ユニゾを上場廃止とする方針だ。

■HISのTOB提案は「シナジーも信頼関係もない」

ユニゾに対してはHISが7月11日から、1株3100円で最大1375万株、発行済み株式数の45%を上限に買い集めるTOBを仕掛けていた。

ただ、ユニゾ側はHISのTOBを検討した結果、「シナジーがない、TOB価格が不十分、一方的な提案で信頼関係がない」として反対を表明。アドバイザーを使って対抗提案を16社から募り、そのうち4社と交渉し、最も高いTOB価格を示した1社であるフォートレスを選んだという。

フォートレスはアメリカの不動産投資会社だ。2017年末に投資ノウハウの取得を狙ってソフトバンクグループが約33億ドル(3500億円)で買収している。日本では旧ツカサウィークリーマンションから独立したホテル運営会社、マイステイズ・ホテルを2012年に買収している。

フォートレス側の開示資料によれば、ユニゾを完全子会社化し、自社のノウハウを注入することで、企業価値の向上に貢献できると判断したという。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)