「貧困」を考えるうえで背けられない客観的事実

「貧困」を考えるうえで背けられない客観的事実

データで見ると今の日本の貧困はどのようになっているのでしょうか。写真はイメージ(写真:Ryuji / PIXTA)

2019年現在、「日本に貧困はない」と言う人はいません。「一億総中流」だった時代は過ぎさり、それこそ「一億総活躍社会」が政府のスローガンになる時代です。これは逆説的に言えば、それだけ活躍できていない人がいる、ということを象徴的に表しています。

平成の始まりとともにバブルが崩壊し、都市部ではホームレス状態の人がターミナル駅などを中心に一気に増加。2002年に「ホームレス自立支援法」が成立した一方で、2004年の製造業派遣が解禁されたのを機に、非正規労働者が全国に急速に拡大していきました。

2008年秋には「リーマンショック」とその後の「年越し派遣村」により、社会問題としての「貧困」があぶり出されると同時に、その対策の必要性が社会的にも提起されました。そして2010年代には「子どもの貧困対策法」「生活困窮者自立支援法」をはじめとした諸施策が誕生する一方で、厳しい社会保障費の削減や圧縮も見られました。

私たちの社会は、高度経済成長とともに一度忘れかけていた「貧困」という問題に再会し、その大きな壁にぶちあたっています。

認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長の大西連氏の著書『絶望しないための貧困学 ルポ 自己責任と向き合う支援の現場』を基に、本稿では、この問題のこれからを考えるためにも、まずは現在地を共有することを目的とします。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)