アップル「ホームポッド」2台使いが秀逸すぎる

アップル「ホームポッド」2台使いが秀逸すぎる

日本でも8月23日に発売となるHomePod。iPhoneを近づけると自動的に認識し、自分のApple IDを通じてApple Musicアカウントやカレンダーなどの情報を、音声アシスタントSiriを通じて利用できる(筆者撮影)

アップルはアメリカで2018年2月に発売したスピーカー「HomePod(ホームポッド)」を日本で8月23日に発売する。これに先駆けて、HomePod2台使いをレビューする。

筆者は現在、自宅のオーディオ環境をSONOSで構築している。テレビに組み合わせるサウンドバー「Playbar」や、ステレオモデルの「Play 5」などを2017年頃にそろえ、移動させながら「Play 1」も利用している。

また外出先では、電車や徒歩などでの移動中はアップルの「AirPods」、座って作業をする際には遮音性が高い完全ワイヤレスヘッドフォン、ゼンハイザー「MOMENTUM True Wireless」、飛行機移動ではノイズキャンセリングに対応するParrot「Zik 3」を使い分ける。

音楽ソースはApple Musicのほか、Spotify、Podcast、大量に持っているCDをデジタル化した音源などさまざまだが、基本的には完全にデジタル音楽に移行しており、すでに自宅にはCDプレイヤーがなく、パソコンからもDVDドライブはなくなってしまった。

■セットアップは「自動的」で極めて簡単

HomePodは7つのツイーター、6つのマイク、1つのウーハーを搭載する、重さ2.5キロの円筒形スピーカーだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)