「事故物件住みます芸人」はこうして誕生した

「事故物件住みます芸人」はこうして誕生した

「事故物件住みます芸人」として8万部のヒット著書も持つ松原タニシさん(37歳)。彼はこれまでどんな人生を歩んできたのでしょうか(筆者撮影)

これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむが神髄を紡ぐ連載の第68回。

■4人兄弟の末っ子として何不自由なく育った

松原タニシさん(37歳)は「事故物件住みます芸人」として活動している松竹芸能所属のお笑い芸人だ。

事故物件とは、自殺、他殺などで人が亡くなった住宅物件のことを指す。通常は忌避する物件にあえて住み、起こった出来事をレポートする。

松原さんは、大阪で殺人があったマンションを起点として7軒の事故物件に渡り住んでいる。東洋経済オンラインでも2度にわたり記事化し、どちらも大きな反響を得た。

自身の事故物件に住んだ経験をまとめた『事故物件怪談 恐い間取り』は8万部を超えるヒットになった。

また、松原さんは心霊スポットと呼ばれる場所に出向き、そこで一晩を明かすという試みを続けている。その体験談をまとめた『異界探訪記 恐い旅』が今年7月に発売されたが、1カ月で3刷とこちらも売れ行きは好調だ。

今回は、松原さんが、どのような変遷を経て事故物件に住むことになったのか、幼少期からを振り返って追った。

松原さんは、兵庫県神戸市垂水区に生まれた。父親は公務員で、4人兄弟の末っ子だった。自宅は住宅地にあり、何不自由なく育ったという。

「幼稚園時代はトシちゃん(田原俊彦)のモノマネをみんなの前でしたりするような明るい子でしたね。

小学校時代は少年野球をやっていました。当時バッテリーを組んでいた塩川達也くんは、プロ野球選手になりました」

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)