ポカリとキリンCMヒットの鍵に「歌とコミュ力」



一方、いずれの商品もすでに特長をよく知られたロングセラーブランドであるため、機能に関する具体的な説明はせず、歌を企画の中心に据えてCMを展開した。

淡麗グリーンラベルは、多部未華子らが野外に現れる不思議なジュークボックスを見つけ、美しい風景と音楽により“いいオフ”を楽しむ「GREEN JUKEBOX」シリーズを昨年より放送している。

第6弾となる今作は海辺の桟橋でロックバンドback numberの清水依与吏が彼らの楽曲『高嶺の花子さん』をアコースティックバージョンで歌うもので、多部が清水の歌声に聞き入りながら商品を味わうと「いいオフ、いい自分。」とコピーがかかる。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)