これから金を買っても大きく儲かるのか?

これから金を買っても大きく儲かるのか?

「金を買ったら儲かるはず」。これは本当だろうか(写真:TAKA/PIXTA)

金市場への関心が高まっている。1トロイオンス=1500ドル前後という高値圏にあることからもわかるように、投資マネーの流入が顕著だ。

■公的機関以外の金購入が顕著に

これまでは、中国やインドなどの実需買いに加え、政府や中央銀行など公的機関の買いが下値を支えてきた。しかし、ここにきて、それ以外の主体の投資が明らかに増えており、これが金価格を押し上げている。

特に金価格が顕著に上昇し始めたのは、6月に入ってからだ。5月にはアメリカを中心に株価が急落したが、その際に市場では利下げ期待が高まり、金利が一段と低下し始めた。また、投資家のリスクマネーが債券市場に移動したことも、金利低下につながった。

これにより、金利のつかない金への関心が高まり、金価格は6月に入って明確に節目の1300ドルを上抜けた。その後は6月中に1400ドルに達し、7月に1400ドルを固めると、8月に入ってから再び上昇し基調を強め、13日には1534ドルまで上昇した。水準を切り上げ、下値を固めて、また水準を切り上げるといった、きわめて強い動きを形成しているのがいまの金市場だ。

市場では、米中貿易戦争などによる景気への不透明感などから、7月30・31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米連邦準備制度理事会(FRB)が0.25%ポイントの「予防的利下げ」を実施するとみていたが、FRBは実際に市場の予想通り、利下げを実施した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)