「アリこそ最強昆虫」と断言できる驚異の生態

「アリこそ最強昆虫」と断言できる驚異の生態

虫たちから学ぶことは多くある、と語る小松貴氏。今、小松氏が注目している虫たちの世界について解説してもらった(写真:坂本佳子)

8月1日に放送されたNHKスペシャル『香川照之の昆虫“やばいぜ!”』は、大きな反響を呼んだ。カマキリ先生こと俳優の香川照之氏が、人間が地球環境をひどく壊していること、世界で昆虫が激減していく状況をこのまま放置すれば、「昆虫の絶滅は人類の絶滅」につながるとまで言い切り、警鐘を鳴らした。

同じように日本からも数々の昆虫が消え、絶滅の危機に瀕している種が多いことをひっそりと訴える研究者がいる。

「現代の南方熊楠」とも呼ばれる小松貴氏だ。丹念かつ執念に満ちたフィールド観察は、同業者からも「彼ほど野外でさまざまな生き物を観察している日本人はいない」とさえ言われる。小松氏に、日本における昆虫をめぐる状況を聞いた。

■多様さが減ってきている昆虫の世界

――『香川照之の昆虫“やばいぜ!”』では、100年後に昆虫が現在の1%にまで減ってしまうというような、驚愕のシミュレーション「昆虫カタストロフィ」も示されましたが、どう思われますか?

小松:こうした悲観的数値の是非はさておき、おおむね昆虫が減ってきていることには間違いありません。減る種は確実に個体数を減らしています。それにはいろんな理由があるのですが、農薬のみならず、植生の変化も挙げられます。

人間の手が適度に入った「里山的な環境」、開けた場所(草原)を好む昆虫は多いのですが、そうした虫のなかで絶滅危惧種に選定される種が多くいます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)