「結論ありき」でこそ民主主義が機能する理由

「結論ありき」でこそ民主主義が機能する理由

過激化していくリベラリズムに、少なからず影響を受けているアメリカの現状とは?(写真:Choreograph/iStock)

内外で議論の最先端となっている文献を基点として、これから世界で起きること、すでに起こっているにもかかわらず日本ではまだ認識が薄いテーマを、気鋭の論客が読み解き、議論する「令和の新教養」シリーズ。

前回、政治学者で九州大学大学院准教授の施光恒氏が、『Why Liberalism Failed』(パトリック・J・デニーン著)を基に、アメリカのリベラリズムをめぐる現状を論じた。今回は、同氏と中野剛志(評論家)、佐藤健志(評論家・作家)、柴山桂太(京都大学大学院准教授)の気鋭の論客4人が、同書をめぐって徹底討議する。

■アメリカ建国時のフェデラリズム論争

佐藤健志(以下、佐藤):近代国家の核心にあるのは、実は前近代的なもの、というのが『Why Liberalism Failed』の面白さだと思いました。やはり最近、話題になっている『The Virtue of Nationalism』(ナショナリズムの美徳)という書籍との共通性を感じますね。これを書いたヨラム・ハゾニーは、政治理論の博士号を持つイスラエル人ですが、ユダヤ人国家のあり方を論じる一方、旧約聖書の哲学についても著書を出しているんです。

施光恒(以下、施):デニーンはフランス革命を否定したエドマンド・バークの保守思想や、キリスト教の伝統文化を高く評価し、逆に社会契約論についてはほぼ全否定という立場です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)