森ビル、虎ノ門「第2ヒルズ」に勝算はあるか

森ビル、虎ノ門「第2ヒルズ」に勝算はあるか

中心となるビルの高さはオフィスビルとしては日本一となる330メートルに達する(写真:森ビル)

東京都心に新たな「ヒルズ」が生まれようとしている。

8月22日、森ビルは新たな再開発事業である「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の概要を発表した。港区虎ノ門、麻布台、六本木にまたがる約6万4000平方メートルもの敷地に、3棟の超高層ビルがそびえ立つ。最も高い棟で高さは約330メートルと、2023年の竣工時点で日本一となる。

■総事業費は六本木ヒルズの2倍の5800億円

これまでのヒルズで培ったすべてを注ぎ込んだ「ヒルズの未来形」――。森ビルがこう豪語する今回の事業は、かの六本木ヒルズをも上回る規模となりそうだ。

開発予定地は東京メトロ南北線・六本木一丁目駅と日比谷線・神谷町駅の間にまたがり、アルファベットの「T」のような形をしている。3棟のビルは主にオフィス・住宅・ホテルで構成されるが、延べ床面積は約86万平方メートルと、六本木ヒルズの約76万平方メートルを凌駕する。想定される就業者数や居住者数も上回り、総事業費に至っては約5800億円と約2700億円かかった六本木ヒルズの2倍を超える。

メインタワー付近には、約700人の生徒が学べるインターナショナルスクールを誘致した。「ヒト・モノ・カネを呼び込むには、外国人が働き、住み、学べることが重要だ」(森ビルの辻慎吾社長)。虎ノ門や六本木エリアには外資系企業が集積し、今回のヒルズのオフィステナントも半数が外資系企業になる予定だという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)