女子高生襲う「AirDrop痴漢」の悪質すぎる手口

女子高生襲う「AirDrop痴漢」の悪質すぎる手口

「AirDrop痴漢」の被害が増えている。被害に遭わないためにどんな対策が必要なのか解説していきます(写真:tdub303/iStock)

近くのiOS端末と画像などを共有できるiPhoneの機能、「AirDrop(エアドロップ)」。この機能を悪用した「AirDrop痴漢」が頻発している。

8月、福岡県警によって、AirDrop痴漢が初めて摘発された。37歳の男が、電車内で34歳男性のiPhoneに女性のわいせつな写真を送信した疑いで書類送検されたのだ。被害男性は電車内でスマホを手にしながら周囲をうかがう男を発見し、通報。男は過去にも何回か同じことをしていたという。

AirDropの悪用で今、どのような被害が起きているのか。具体的な事例と対策について解説したい。

■女子高生を襲う「AirDrop痴漢」

先日、ある女子高生がAirDrop痴漢に遭った。

高校に向かう朝の電車内で、「◯◯が1枚の写真を共有しようとしています」というメッセージと共に、男の陰部が写ったわいせつな画像が送られてきたそうだ。パニックになった彼女は、思わず「受け入れる」「辞退」から「辞退」を選んだ。しかし、辞退を選択したため端末に証拠が残らず、警察に届けることもできなかった。こうした手口は、「サイバー露出」とも呼ばれている。

見知らぬ人から画像が送られても、受信者側で拒否することはできる。しかし、送信された時点でプレビュー画面が表示されてしまい、不快な画像を見せつけられてしまう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)