「子米朝」の呪縛を解いた桂米團治の新しい芸境

「子米朝」の呪縛を解いた桂米團治の新しい芸境

高座での五代目桂米團治(写真 :佐々木芳郎 提供:米朝事務所)

上方落語は明治大正期に全盛期を迎えたが、初代桂春團治が1934年に死んだ頃から急速に衰退し、戦後は高齢の落語家が数人残るだけになった。この時期にこれら老落語家に入門し、戦後の上方落語を復興させたのが六代目笑福亭松鶴、三代目桂米朝、三代目桂春團治、五代目桂文枝である。この4人は「上方落語四天王」と呼ばれる。

中でも三代目桂米朝は「落語の愉しみ方」を劇的に変えた。1970年代に桂米朝は大阪のサンケイホールで「独演会」を開き、大成功を収めた。これまで落語と言えばこぢんまりとした「寄席」で聞くものだったが、米朝はコンサートのように多くの観衆を集めてたっぷりと演じる「ホール落語」というジャンルを確立した。

また米朝は「桂米朝落語大全集」というレコードアルバムを発刊、これはゴールドディスクを2回も受賞するほど売れた。レコードやCDなどで落語を愉しむスタイルも米朝が開拓したものだ。

米朝落語は、大学生やサラリーマンなど新しいファン層を魅了し、落語の新たな可能性を拓いた。その功績は傑出していた。三代目桂米朝は、2009年に落語界で初めて文化勲章を受章するのだ。

■偉大すぎる父の存在

前置きが長くなった。今回登場する五代目桂米團治は、この三代目桂米朝の長男だ。

「米朝の家に生まれました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)