「お墓」の真実を一体どれだけ知っていますか

「お墓」の真実を一体どれだけ知っていますか

先祖を供養する「お墓」にまつわるお話です(写真:monjiro/PIXTA)

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画ちょいと一杯に役立つアレコレソレ「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう

蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫モノ・マガジンで長年続く人気連載だ今回のテーマは「お墓」。意外と知らない基本中の基本から、あまり知られていない逸話まであっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ

この連載の一覧はこちら

01. 「墓」という字は土の上にヒトが横たわり、日が当たり、草が茂っている形を表しているといわれる

02. 万葉集では「朝日照る」は墓の枕詞

03. お墓は「一基」「二基」と数える

04. お墓の区画の広さの単位は「聖地」で表されることもある。1聖地は3尺×3尺=0.81uとすることが多いが、地域や墓地によっても異なる

■「墓地を買う」とは?

05. 墓地には公営墓地、寺院墓地、民営墓地がある

06. 墓地を経営できるのは、宗教法人、地方自治体、公益法人に限られる

07. 行政の許可を受けた墓地以外の区域に埋葬や焼骨の埋蔵を行ってはならない

08. 例えば庭先などに埋葬および埋蔵した場合、死体遺棄罪に該当するおそれもある

09. 「墓地を買う」とは、正確には「墓地の一区画の永代使用権を、永代使用料を支払って得る」ということ

10. 墓所に不動産取得税や固定資産税はかからない

11. 永代使用権は民法で定める所有権ではないため、他人に譲渡や賃貸借をすることはできない

12. 永代使用権は子から孫へと代々継承されるもので、家制度の慣習から長男が継承者とされる

13. 一般的に先祖の墓に入れるのは継承者とその配偶者のみ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)