楽天モバイル、通信品質のほかにも抱える不安

楽天モバイル、通信品質のほかにも抱える不安

楽天モバイルのショップ。大手キャリアにどのように対抗していくのか(写真:楽天モバイル)

10月1日から自前の通信設備を用いたキャリア(MNO)としての事業を開始する楽天モバイルが、いよいよ9月6日に料金プランを発表する。得意のポイント付与も含めて、既存の大手キャリア(ドコモ、KDDI、ソフトバンク)よりも安いプランを投入し、幅広く顧客を奪いにくるとみられる。

ただ、この土壇場にきてもなお、インフラ整備の遅れが指摘されている。8月26日には、総務省が楽天モバイルに対し、同省に提出している事業計画に間に合うように、基地局の設置場所の確保や、工事を進捗させるための体制整備を求めた。3、7月に続き、これで3度目の行政指導になる。

■「スモールスタート」にとどめる

こうした整備の遅れも踏まえてなのか、楽天モバイルはサービスの開始時には利用者を極一部に限定する「スモールスタート」にとどめることを明らかにしている。1〜2カ月後にはオンラインで、さらにその後に実店舗での受け付けを順次開始する方針だ。

総務省が楽天モバイルに対して目下求めているのは、あくまでも年度末に事業計画どおりに3432局を整備し、かつ安定した通信品質にすること。フルで開始できる時期が多少後ろにずれようが、それは楽天モバイルの自由だ。多少のタイミングのずれよりも、どれだけ競争力を持てるのかが重要になる。

その競争力の観点で、気にかかることがある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)