アップル新製品の目玉が「iPhone 11」のワケ

アップル新製品の目玉が「iPhone 11」のワケ

9月10日(現地時間)、アップルはカリフォルニア州クパチーノの本社で新製品を発表(筆者撮影)

9月10日のアップルによる新型iPhone発表に前後して、スマートフォン端末をめぐる秋から年末にかけての商戦が始まった。

今年、アップルは日本市場での苦戦が予想されていた。アップルが得意とする高級端末の表面価格が上昇し、購入しにくくなるなどスマートフォン市場環境の悪化が、アップルの商品戦略と噛み合わなくなる可能性があったからだ。

しかし、今年もまたiPhone中心の商戦となる可能性が高い。

製品の改良やラインナップ見直しに加え、市場環境もここに来てややアップルに有利に動き始めているからだ。

■ソフトバンクとKDDIが販売プランを発表

日本の携帯電話業界は過去約10年にわたって、iPhoneを中心とした端末市場が形成されてきた。しかしスマートフォンによるイノベーションも落ち着き、端末価格が上昇する一方、総務省は端末価格と通信料金の明確な分離と、端末価格の割引サービスに関する上限を要請していた。端末性能の向上は、買い替えサイクルの長期化を促し、日本におけるスマートフォン端末市場は一気に成熟へと向かい始めるのではないか。

そんな懸念を業界関係者の多くは感じていたはずだ。

しかし、9月9日にはソフトバンクが、11日にはKDDIが、それぞれ各社新型端末をめぐる商戦に対応する販売施策を発表。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)