張本勲「批判殺到でもTVから干されない」必然

張本勲「批判殺到でもTVから干されない」必然

張本氏 批判殺到も干されず

張本勲「批判殺到でもTVから干されない」必然

失言でたびたび炎上する高齢タレントたち。なぜ彼らは、炎上してもテレビに出続けられるのだろうか?(写真:時事通信)

「サンデーモーニング」(TBS系)に出演している野球解説者の張本勲がたびたび批判にさらされている。7月28日放送回では、高校野球の岩手大会決勝で、大船渡・佐々木朗希投手が起用されなかったことについて「投げさせたほうがいいに決まっているじゃない」などと発言した。

大船渡高校の国保陽平監督は「故障を防ぐために登板を回避した」という趣旨のことを語っていたが、高校生史上最速の163キロの球を投げる佐々木投手を起用せずに敗れたことについて、世間では賛否両論の意見が飛び交っていた。

張本の発言を受けて、MLB・シカゴカブスに所属するダルビッシュ有投手は、7月28日に自身のツイッターで「シェンロンが一つ願いこと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのコーナーを消してくださいと言う」と書き込んだ。現役のプロ野球選手として、前時代的な価値観に基づく主張がテレビで堂々とまかり通っていることに我慢がならなかったのだろう。

■「炎上する高齢タレント」が消えない理由

百歩譲って、元プロ野球選手だった張本が野球について自由に意見を述べること自体は理解できなくもない。だが、張本は同じ番組でほかのスポーツに関してもひたすら底の浅い素人レベルの駄言を重ねている。サッカーについていい加減なことを言った張本に対して、サッカー愛の強い加藤浩次が「スッキリ」(日本テレビ系)で「おじいちゃんの戯言」と切り捨てたこともあった。

これ以外にも、テレビの世界には確実にこのようなタイプの高齢タレントが存在している。その中には、現役の良識ある社会人や若者からは目を背けられるような、凡庸かつ時代遅れの意見を垂れ流す人もいる。ネット上ではその発言のたびに炎上騒ぎを引き起こし、袋だたきに遭っている彼らのような人間が、テレビでは今も生き生きと活躍しているのはなぜなのか。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)