アップルが動画サービスを無料で提供する理由

アップルが動画サービスを無料で提供する理由

アップルTVプラス料金に衝撃

アップルが動画サービスを無料で提供する理由

アップルは9月10日の新製品発表イベントで、動画配信サービス「Apple TV+」を月額600円で提供すると発表した(筆者撮影)

アップルはiPhoneやApple Watchの新モデルを発表した9月10日開催のイベントで、3月に発表していた動画配信サービス「Apple TV+」を11月1日に開始すると発表した。料金は、家族全員(最大6人)をカバーするサブスクリプションで、月額4.99ドル、日本では月額600円であることを明らかにした。

アップルはYouTubeなどを通じてすでに6本の番組の予告編を公開している。いずれも急速に視聴が進んでおり、今アメリカで最も注目されている「The Morning Show」の予告編はすでに2400万再生を記録した。

アップルは今回のイベント中に、「See」(視覚を失った未来の人類の挑戦を描いたドラマ)という新しい番組の予告編を初披露した。3日経った段階ですでに700万回再生されており、注目度が高いことを表している。

アップルは戦略的な価格設定を行っている。その理由と、アップルが目指す戦略はどこにあるのだろうか?

■「月額600円」の衝撃

アップルは動画コンテンツに対して50億ドル規模とも言われる大きな投資をしていると見られており、NetflixやAmazonといった現在業界の中心的な存在となっているストリーミングサービスに対抗するサービスへ成長させようとしていると見られてきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)