「Fitbit」はアップルウォッチと何が違うのか

「Fitbit」はアップルウォッチと何が違うのか

9月下旬にフィットビットの新製品が日本で発売される(撮影:尾形文繁)

腕時計型端末「スマートウォッチ」の品ぞろえが充実してきた。最も有名で売れているのはアメリカのアップルが展開する「アップルウォッチ」だが、女性からじわりと人気を集めているのが同じくアメリカのフィットビットだ。日本ではまだメジャーとはいえないブランドだが、欧米では人気が高く、日本でも9月24日に主力となる新製品を投入し、知名度向上に躍起だ。

スマートウォッチは、手持ちのスマートフォンと連携してLINEやメールの通知、電話の着信を腕時計の画面で確認できるのが基本機能で、スマホをいちいちバッグなどから取り出すわずらわしさがない。スマホのように指で画面操作もでき、自分で好きなアプリを追加できるなど利便性が高い。

■「睡眠」に特化して差別化をアピール

アップルやサムスンなど大手企業が多彩な高機能で競う中、フィットビットが特徴的なのは機能を「睡眠」に特化して攻勢をかけている点だ。

新製品発表に合わせて9月11日に都内で記者会見したフィットビットのスティーブ・モーリー副社長兼アジア太平洋地域事業部長は「みなさんを健康にするのがわれわれのミッション。健康・フィットネス系スマートウォッチでのリーダーはわれわれだ。世界中で睡眠時間の膨大なデータを日々収集しており、新製品やサービスに役立てている」と意気込んだ。

この日発表した新製品は「Fitbit Versa2(フィットビット ヴァーサ2)」。価格は通常モデルが2万6990円(税込み)、予備のベルトなどが付いたスペシャルエディションが3万1800円(同)で、9月24日からアマゾンなどECサイトのほか、ビックカメラなどの量販店でも発売する。

9月11日から先行予約を開始しており、ある販売代理店関係者は「受注の出足は想定より好調だ。スマートウォッチが日本でも関心を呼び始めているのではないか」と喜ぶ。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)