「婚活」がうまくいかない人が陥っているワナ

訴えられることもあるだろう。

平成の時代、結婚は他人に勧められることではなく、自らの意思で選択するものとなった。

しかし、“社会に出たら結婚して家庭を築いてこそ一人前”という図式が崩れ、自由に選択できる時代になったからこそ、“何が何でも結婚!”という気持ちが独身者から薄れていったのも事実だ。“いい人がいたら、結婚したい”とは思っていても、いい人はなかなか現れず、独身のまま年を重ねていく人たちは増えていくばかりだ。

先日、入会面談に来た梅澤真司(39歳、仮名)も、まさにそんな1人だった。身長175センチ、ガッシリとしたスポーツマンタイプだ。大学時代は柔道をしていたという。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)