資生堂が女子ゴルフ大会開催に注力するワケ

資生堂が女子ゴルフ大会開催に注力するワケ

資生堂アネッサレディスオープンで優勝した渋野日向子選手(中央)(筆者撮影)

8月上旬、渋野日向子プロが女子ゴルフメジャー競技の全英女子オープンで優勝した。樋口久子プロが1977年全米女子プロ選手権で勝って以来、42年ぶり日本勢2人目のメジャー制覇である。海外初遠征で初メジャー優勝、20歳のスマイルが世界で注目を浴びた。ゴルフメディアだけでなく一般メディアも巻き込んで、帰国会見の会見場にはテレビカメラがずらっと25台並んだ。ゴルフ競技の枠を超えて、日本中が渋野フィーバーとなった。

帰国後2戦目、8月開催のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントでも大会2日目には例年の3倍近い9481人のギャラリーが押しかけ、会場のゴルフ場周辺は早朝から大渋滞が起こっていた。

帰国3戦目のニトリレディスゴルフトーナメントでも活躍し注目を集め、このフィーバーは女子ゴルフ界では宮里藍以来である。

渋野は昨年プロデビューしたばかりで、昨年のLPGA(日本女子プロゴルフ協会)ツアーの獲得賞金は0円。今年一気にブレークした。5月のワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ初優勝、7月の資生堂アネッサレディスオープンではプレーオフを制して国内でも2勝している。9月15日現在、獲得賞金も9000万円を超え、賞金ランキングも2位につけている(全英女子オープンの賞金67万5000ドル(約7200万円)は国内賞金ランキングに加算されない)。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)