29歳ママさん陸上選手の諦めない五輪への夢

29歳ママさん陸上選手の諦めない五輪への夢

世界陸上への陸上記録会 。女子100mハードルで日本新となる12秒97をマークした寺田明日香(右)=山梨県富士北麓公園陸上競技場(写真:共同通信社)

「今回のレースはハードルが低く見えました」

1レーンから8レーンまで合計80台も並ぶ威圧的なハードルが低く見えた。10台のハードルを飛び終え、100mを走りきると電光掲示板に12秒97の文字が浮かんだ。

これまで日本人が破れなかった13秒の壁を寺田明日香(パソナグループ)が破った。2019年9月1日、29歳のママさんアスリートが女子100mハードルの日本記録保持者となった。27日に開幕する世界陸上ドーハ(カタール)の代表にも選出され注目が集まっている。

筆者が寺田と初めて会ったのは約2年前、2017年6月の大学病院でのことだった。

「ラグビーで足首を折ってしまったんです!」

置かれている状況とは正反対に明るい笑顔を見せた。

高校卒業後の2008年、18歳のときに日本陸上競技選手権100mハードルで優勝、以降3連覇を果たした。2009年には世界陸上ベルリン大会に出場している。暗雲が立ち込めはじめたのは、その後に開催されたアジア大会(2010年)。ランキングではトップだったにもかかわらず、決勝では最後のハードリングに失敗し5位入賞だった。はじめて調子がいいのに結果が出ずに落ち込んだ。

■女性としての体の変化にも悩まされた

挽回しようと気合を入れて臨んだ翌春の合宿で、右足を剥離骨折。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)