「勉強が苦手な人」の学習効率を伸ばすコツ3選

「勉強が苦手な人」の学習効率を伸ばすコツ3選

何かを記憶するときには、「ゴール」と「情報の質」を意識することが大事です(写真:mits/PIXTA)

ある調査によると、スマホで見たニュースや情報の97%は、1週間もすれば忘れてしまっていることがわかりました。世の中の多くの人は質の低いインプットをしていて、結果そのほとんどを忘れています。そこで、発売からわずか2ヶ月で11万1千部のヒットとなっている『学び効率が最大化するインプット大全』著者の樺沢紫苑さんが、本当に効率のいい「インプット術」について解説します。

あなたは、ここ1週間の間にネットで見たニュース、情報、ブログをいくつ思い出せますか? 覚えている限りたくさん書き出してください。制限時間は1分間です。

■人は1週間で「97%」忘れてしまう

さて、何個のニュース、情報を思い出せましたか? この課題を、私のセミナー参加者175人に対して行ったところ、「思い出せた数」の平均は3.9個。3個以下の人が、全体の51%を占めていました。

私たちはスマホやパソコンを使い、ネットから毎日多くの情報を得ています。1日30分で20個の情報を見ているとすれば、1週間で140個もの情報に接触しています。しかし、そのうち記憶に残っているのは、たったの4個。情報吸収率は、わずか3%です。休み時間になればすぐにスマホを開き、最新情報をチェックするという人も多いでしょう。しかし、たったの1週間でその97%を忘れてしまうのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)