会社員が毎日出勤する意味はどれだけあるのか

会社員が毎日出勤する意味はどれだけあるのか

毎日通勤してオフィスで働くというあり方から、「出社しないスタイル」の働き方にはどんなメリットがあるのでしょうか?(写真:まちゃー/PIXTA)

来年の東京オリンピックに向けて、政府からは働き方改革を進める政策がいくつも掲げられ、それらに参加する企業も増えてきました。そんなタイミングで、「出社しないスタイル」の働き方を提案したいというのは、『メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本』著者の伊庭正康氏です。

「会社にいる=仕事している」という考え方はもう古いという、その理由と対策案を聞きました。

■本当に、毎日出勤する必要はあるのだろうか?

2020年の東京オリンピック開催期間中の交通混乱を避けるため、さまざまな政策が打ち出されています。

政府が本番テストとして今年の7月から9月の約1カ月間を「テレワーク・デイズ2019」実施期間と設定してテレワークの一斉実施を呼びかけたり、東京都の小池知事がオフピーク通勤を推奨する「時差Biz」の取り組みを始めるなどしていますが、あなたの会社では実施されていますか?

実際、2012年に開催されたロンドンオリンピックでは、ロンドン市内の企業の約8割の企業がテレワークを実施し、大会期間中の交通混乱を回避したそう。日本でもこれを機に、働き方改革がグッと進んでほしいものです。

そんな働き方改革の波に乗って、私も思い切った提案をしてみたいと思います。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)