知日派・李首相が「即位の礼」に出席する意味

知日派・李首相が「即位の礼」に出席する意味

10月22日の即位の礼に出席する韓国のイ・ナギョン首相(写真:ソウル新聞)

李洛淵(イ・ナギョン)首相が10月22日の即位の礼へ出席することをきっかけに、日韓対立の突破口が開けるかが注目されている。

両国間の立場の違いはそのままで、接点をどう探すかは難しい状況だが、対話へのきっかけになるものと期待されている。1990年に、現上皇の天皇即位の礼から29年ぶりに行われる日本最大級の国家的行事に、「知日派」である李首相を派遣することで、韓国政府は関係改善への誠意を日本側に最大限アピールしているのではないかと思われる。

■GSOMIA終了を前に「特使」として会談?

訪日中に李首相が安倍晋三首相と会談すれば、11月22日に迎える軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を前に、両国関係の破局を招く重大な懸案について議論されそうだ。李首相が文在寅(ムン・ジェイン)大統領のメッセージを伝える特使的な役割を担う可能性もある。

特に李首相は、安倍首相が議員時代の2005年に訪韓した際、ソウル市内で食事をするなど個人的関係もある。李首相は私的な場でも「雨が降る週末に安倍首相と会って焼酎を酌み交わした」と振り返ったことがある。

李首相は安倍氏に対し、ハンセン病患者への日本の補償が国内と海外で差別されている問題を解決してほしいと要請し、安倍氏はそれから1年後に関連法案を発議して問題を改善した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)