「星のや」が脱デジタル宿泊を進める社会的背景

「星のや」が脱デジタル宿泊を進める社会的背景

星のやが提供する「脱デジタル滞在」とは、どのようなものなのか。写真は「星のや京都」で体験できる水辺でのストレッチ。就寝前または午前中に体験可能(筆者撮影)

日本の社会全体で「デジタル依存」が進んでいるように見える。メディア環境研究所が実施した「メディア定点調査2019」によれば、「携帯電話/スマートフォン」の1日当たりの接触時間は、ほぼ毎年増え続け、今年は117.6分となり、はじめて100分を超えた昨年(103.1分)を上回った。

また、モバイルに特化した調査研究機関であるMMD研究所が2019年8月に実施した調査では、スマホに「かなり依存している」と回答した「スマホ依存症」の人の割合が、最も多い30代で29.8%、全世代平均でも21.2%に達した。

こうした背景から、デジタル依存・ネット依存治療の専門外来なども増えてきているようだが、今回注目したのは、旅の中で「脱デジタル」を図ろうというプランやツアーだ。星野リゾートが展開する旅館ブランド「星のや」で提供されている宿泊プラン「脱デジタル滞在」を中心に取材した。

■ゲームにログインしたい衝動が抑えられない

実は筆者も、かつてデジタル依存症(ゲーム依存症)に陥った時期がある。2013年に前職の企業を退職後、平日の昼間は株価のチャートをパソコン画面でチェックし、夕方から深夜まで、オンラインゲームにログインしていた。休日は、ほぼ1日中、ゲームに熱中し、対人戦(PvP)で少しでも強くなろうと、1つのキャラクターに少なくとも100万円以上はつぎ込んで「強化」した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)