家族サービスという言葉に感じる日本の残念さ

家族サービスという言葉に感じる日本の残念さ

フランス人の筆者が「家族サービス」という言葉に抱く違和感とは(写真:kikou/PIXTA)

少し前になりますが、フランス映画『Un Homme et une Femme(男と女)』の続編を見る機会がありました。そう、1966年に公開されたClaude Lelouch(クロード・ルルーシュ)監督による恋愛映画の続編です(日本では来年1月公開予定)。

なんと53年ぶりの続演となった映画「Les plus belles ann?es d’une vie(男と女 最良の日々)」では、主演のJean-Louis Trintignant(ジャン=ルイ・トランティニャン)とAnouk Aim?e(アヌーク・エーメ)は当然、「おじいちゃん」「おばあちゃん」です。それでも、メインテーマは「アムール(愛)」。アムールの強さや情熱などが描かれているのです。

■恋愛する時間がない日本人

その中でこんなセリフがありました。「Qu’est-ce qu’on peut ?tre beau quand on est amoureux!(恋に落ちている人はつねに美しい!)」。

これはまさにフランス人の愛に対する考えを表しています。フランス人にとっては、いくつになってもアムールは大事。結婚している、していないは関係なく、誰かに恋愛感情を抱くことで得られる特別な気持ちを持ち続けることが重要なのです。このセリフはまた、「今を楽しむ」ことを祝福するものでもあります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)