ジリ貧の「東京モーターショー」は再び輝けるか

ジリ貧の「東京モーターショー」は再び輝けるか

10月24日に開幕する東京モーターショー。「FUTURE EXPO」と銘打ったエリアでは、自動車メーカーのみならず多様な業界の企業が出展する(写真:日本自動車工業会)

2年に一度開かれる国内最大の自動車の祭典、「東京モーターショー2019」がいよいよ10月24日に開幕する。開幕前日の10月23日には自動車メーカー各社がメディア向けに最新のコンセプトカーや市販モデルを発表する。主催する日本車メーカーの業界団体、日本自動車工業会(自工会)は入場者数の減少を止めるため、今年はプライドを捨て、従来の殻を破る決意だ。

「車の未来の姿をモーターショーという車単体のイベントで伝えていくのは難しい。CES(家電見本市)のように、さまざまな産業とともに生活全体の未来を示す場にモデルチェンジしていかないといけない。そうでなければ、ジリ貧のまま、東京モーターショー自体が終わってしまう」

自工会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は9月に行われた事前説明会で東京モーターショーの置かれた厳しい現実を語った。引き合いに出したアメリカのラスベガスで行われるCESは入場者数こそ17万5000人(2019年)ほどだが、4500社が出展する業界関係者の一大イベントだ。

■目標入場者数は100万人

対する東京モーターショーの今年の出展社数は187社で、業界関係者も来場するが、どちらかといえば一般向けの性格が強い。バブル絶頂の1991年には史上最高の200万人を超えたが、国内の新車販売の縮小に伴って集客力が失われてきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)