日本で報じられない「バルセロナ」デモの実際

日本で報じられない「バルセロナ」デモの実際

バルセロナでは今も市民によるカタルーニャ州独立をめぐるデモが行われているが、その実態は報道とは異なる部分もある(筆者撮影)

世界屈指の観光都市であり、独立問題に揺れるカタルーニャ自治州の州都バルセロナ。10月中旬には、最高裁判決に反発したデモが続き、市内の世界遺産サグラダファミリア教会が臨時休業したり、バルセロナ空港がデモ隊の占拠で機能不全に陥ったりした。警官隊との衝突や自動車への放火といった衝撃的な映像が世界に伝わり、観光への影響も懸念された。

が、問題は報道に偏りがあったことだ。今回、デモに付随した暴力が一部で存在したことは否定できない。だが、その多くは警官隊による暴力に呼応したものであり、ほぼ連日のように続いたデモが、平和的に行われたことは、日本ではあまり伝えられなかったと思う。実際はどうだったのか。独立を希求するカタルーニャ市民の思いを知ろうと、バルセロナで続いているデモの現場を歩いてみた。

■デモは今も続いている

今回、デモが異例の形になったのは、香港に触発されたためだ。カタルーニャ州の独立を目指す組織「カタルーニャ国民会議」の指導者の1人、エリゼンダ・パルジ氏は、「空港占拠という手法は香港を模倣したものだ。カタルーニャが置かれた状況を世界に伝える意味では非常に有効だった」と語る。

サグラダファミリア教会などを擁するバルセロナだけに、観光業への影響が大きい空港の占拠や教会の休業という衝撃は大きく、一部で暴徒化したデモ隊の映像とともに世界に大々的に伝えられた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)