来夏営業開始、N700Sは「最強の新幹線」になるか

来夏営業開始、N700Sは「最強の新幹線」になるか

2020年夏に営業運転を始めるN700S(撮影:尾形文繁)

JR東海の最新型新幹線「N700S」の試運転が10月30日、東京から豊橋まで行われ、筆者も試乗した。“性能確認車”と銘打たれていることもあり、客室設備などはまだまだリファインの途上であった。しかし基本的な部分については、歴代の東海道新幹線の列車を開発してきたJR東海の技術陣の“渾身の作品”らしく、乗り心地はもちろん静粛性も優れているし、シートの座り心地、情報表示の見やすさなど接客設備も、さすがと思わせる出来であった。

さて、55年の歴史の中でさまざまな新幹線が登場したが、「最強」といえる車両は何だろう。新幹線には「0系」という、忘れてはならないパイオニアも存在するが、現役車両の中から5形式を、 “独断”で選んでみた。さて、読者の皆さんの評価とどのように合致するか、あるいは異なる点はあるだろうか。

■「N700S」東海道新幹線用の最終形?

リニア中央新幹線の工事が本格的に進んでいる。完成すれば東京と名古屋の間の所要時間が1時間を大きく切る。そうなれば東海道新幹線をさらに高速化する必要性は薄れることになるだろう。

パイオニアとして歴史に残る0系以来、100、300、500、700系と変化してきた東海道新幹線の電車だが、新しい数字が起こされたのは700系までで、それ以降はアルファベットを追加することによって新型車であることを示すようになった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)