「お金自体を使わない」世界が広がっていく必然

大会社であれば、無料でサービスを提供し、多くのユーザーを獲得しながら、その商流のデータを用いて、たとえば広告に応用することで収益を得るような方法を考えることもできるでしょう。

他方、イラストレータのような個人事業主にとっては、絵を描く時間そのものが価値で、かけた時間に対しての対価が必要だというのが現在の一般的な考え方です。イラストやアイデア出しなど、プロにただで頼むな、という論調はその最たるものです。

とはいえ無料化が最強の戦略だということについては、今現在、そのとおりのことが起きていると言わざるを得ません。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)