年末までに外食株を買うといいかもしれない

年末までに外食株を買うといいかもしれない

このまま、上昇相場についていっていいのだろうか?(写真:Yagi-Studio/iStock)

日経平均株価は連日の年初来高値更新。果たして、まだ上昇すると見ていいのだろうか。そんな時に頼りになるのが、カリスマ投資家の内田衛氏。4〜9月期決算発表が大詰めを迎える11月中旬から年内の相場に対して、どんな戦略で臨もうとしているのか。早速「株日記」で見てみよう。

■ジャックスが投資判断引き上げ、嬉しいサプライズ

【10月21日 月曜日】三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)系クレジットカード会社のジャックス(8584)が、買い気配スタート。9時03分、88円高の2350円で寄り付き、14時02分、160円高の2422円の年初来高値を更新し、終値は、156円高(6.89%)の2418円で引けた。買われた理由は、東海東京調査センターが投資判断を中立の「ニュートラル」から強気の「アウトパフォーム」に格上げしたから。

また、クレジット事業を中心に成長する業績を評価し、目標株価を2700円(従来2400円)とした。値上がり目的で5万5000株保有しているので、嬉しいサプライズ。

上場2日目のワシントンホテル(4691)は、112円安の1474円と早くも反落。公開価格は、1310円。日経平均は、56円高の2万2548円。

【10月22日 火曜日】日経225先物は、110円高の2万2680円、NYダウは、57ドル高の2万6827ドル。今日は、「即位礼正殿の儀」で祝日。数日前まで休日ということを知らなかった。

【10月23日 水曜日】NYダウは、39ドル安の2万6788ドル。昨日、格上げで大幅高したジャックスは、42円高の2460円と続伸。ワシントンホテルは、84円安(5.69%)の1390円と続落。日経平均は、76円高の2万2625円と3日続伸。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)