「ファクト」「エビデンス」至上主義者の末路

「ファクト」「エビデンス」至上主義者の末路

「エビデンス」「ファクト」どちらも重要ではありますが……(写真:Fast&Slow/PIXTA)

「そう結論づけるエビデンスは?」「ファクトベースで考えようよ」――。最近、ビジネスではこのような言動がよく見受けられます。エビデンス(証拠・根拠)やファクト(事実)を基に事象を捉えたり意思決定をすることは確かに重要です。しかし無条件にこれらを重視しすぎると、足をすくわれることもあります。

『ダークサイドオブMBAコンセプト』を上梓した、日本最大級のビジネススクール、グロービス経営大学院で教鞭を執る嶋田毅氏に、これらに潜む落とし穴&罠を解説してもらいます。

■ノーベル賞でも重視された「エビデンス」

ビジネスに限らず、ファクトやエビデンスをベースに意思決定や制度設計を行うことが最近強調されるようになっています。

先日発表された2019年のノーベル経済学賞もまさにその点が評価されました。

受賞者であるアビジット・バナジー、エステール・デュフロ、マイケル・クレマーの3氏は、最貧国の貧困撲滅という、個人的な立ち位置や思想信条などから「べき論」が横行しやすい分野において、具体的なエビデンスに基づいて貧困撲滅に効果的な手段を見いだす方法論を開発しました。

彼らが用いたのはRCT(Randomized Controlled Trial:ランダム化比較試験)と呼ばれる手法で、元々医薬品開発などで用いられてきたものです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)