20・30代が「ずっと稼げる人」になるためには?

20・30代が「ずっと稼げる人」になるためには?

20代・30代の人が、40歳以上になっても「稼げる人」になるためには、何をすればいいのか(写真:EKAKI/PIXTA)

筆者は、仕事柄、「お金の扱い方」に関する書籍や原稿を書くことが多い。こうした文章を書いていると、「年齢別に最適なお金の運用方法がある」という先入観を敵視するようになる。

■「年齢別に最適なお金の運用方法」が怪しいワケ

なぜなら、お金の運用の目的は「なるべく安全に効率良くお金を増やすこと」以外にあり得ず、運用する人の年齢や性別、投資経験、運用金額などの属性と「正しい運用方法」との間には、ほぼ関係がないからだ。

「個人のタイプ別に、適する運用商品が異なる」というイメージは、金融・運用業界がさまざまな商品を顧客に売りつけるために流しているデマだと思っていてちょうどいいくらいのものなのだ。

一方、お金の扱い方についてあれこれ書いていると、お金をいかに稼ぐか、お金を稼ぐ自分の能力や環境をいかに良いものにするかが重要であることを痛感する(自分に必要な貯蓄額の計算方法や、正しい資産運用の方法など。最新の方法については『人生にお金はいくら必要か 増補改訂版』山崎元・岩城みずほ著、東洋経済新報社をご参照下さい)。

「普通の人」は、働かなければ稼げないし、稼ぎ方(収入額の多寡だけでなく気分や能率も含めて)の良し悪しは人生の幸福度に大いに関係する。

だが、稼いだお金の扱い方は割合簡単に原則化できるのだが、稼ぎ方・働き方は、原則化することがなかなか難しい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)