iPhoneを自動化して生活をもっと便利にする技

iPhoneを自動化して生活をもっと便利にする技

NFCタグにアクションをひも付けておくと、iPhoneをかざすだけで、音楽を鳴らすなどの動作を自動で実行できるようになる(筆者撮影)

毎日繰り返すルーチンのような作業は、なるべく簡単に済ませたい。iPhoneの操作でもそれは同じだ。例えば、通勤電車で必ず開くサイトがあるとする。通常であれば、Safariを立ち上げ、ブックマークを開いてから目的のサイトを選択するはずだ。毎日やっていることで慣れてしまっているかもしれないが、目的のサイトにたどり着くまで、意外と時間がかかってしまっているものだ。会社と自宅など、シーンに合わせて設定を変更している人もいるだろう。

iOS 13.1では、時間や場所、設定、動作などをトリガーにして、このような操作を自動で実行する機能が追加された。「ショートカット」の「オートメーション」がそれだ。あらかじめ起点となる時間や場所などを指定し、それに対応するアクションを組み合わせておけば、自動でiPhoneを実行することができる。いわば「iPhoneの自動化」ともいえる機能で、活用の幅は広い。ここでは、このオートメーションを使った事例を、3つに絞って紹介していこう。

■1.毎日見るニュースサイトを自動でチェック

通勤時間を有効活用するため、電車の中でニュースサイトをチェックしている人は多いはずだ。電子書籍を読み進めるといった人もいるだろう。とはいえ、必要なサイトを呼び出すだけでも、意外と操作の手順が多く、手間がかかる。

わずかな時間ではあるものの、自動化すれば、よりスムーズにサイトを呼び出すことができる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)