「史上最長政権」でも首相の表情が晴れない理由

「史上最長政権」でも首相の表情が晴れない理由

11月15日夜、桜を見る会問題に関連し、記者団の質問に答える安倍晋三首相(写真:時事通信)

安倍晋三首相が11月20日、通算在任記録(桂太郎首相の2886日)を更新した。政治史に燦然と輝く大宰相の勲章にもかかわらず、首相の笑顔はぎこちない。突如浮上した「桜を見る会」の私物化疑惑が原因だ。

ここ数日、メディアへの釈明に追われる安倍首相の表情には、想定外の政治的危機への戸惑いと焦りがにじみ出ている。首相サイドには「こうなれば桜解散だ」と来年1〜2月の衆院解散・総選挙での局面打開を狙う強気の声もあるが、内閣支持率が低下し、安倍バッシングが加速すれば「解散どころか死に体化が進みかねない」(細田派幹部)との不安も浮上している。

■桜を見る会「私物化批判」が大炎上

桜を見る会は、長年にわたり、歴代首相がそれぞれ毎年4月に新宿御苑で主催してきた。政財官界幹部や各国大公使のほか、芸能・スポーツ界の有名人も招き、満開の八重桜などを愛でながら首相夫妻が各界の功労・功績者等を接遇する、政界の春の風物詩として定着してきた。多くのメディア幹部も招待され、税金を使っての開催も「マスコミ公認」(自民幹部)とされてきた。

この状況が一変したのは、11月8日の参院予算委員会で共産党の追及をきっかけに、野党や国民の間で「私物化批判」が大炎上したからだ。確かに、今年4月の開催実績でみると、功労・功績者等に交じって、安倍首相の地元・山口県から850人もの支援者が招待され、当日朝の開催時間の前に17台のバスに分乗して会場に先に入り、首相夫妻もグループ別に記念写真撮影に応じていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)