日産「キューブ」が誕生20年で生産を終える事情

日産「キューブ」が誕生20年で生産を終える事情

キューブ生産終了裏に不適合

日産「キューブ」が誕生20年で生産を終える事情

2008年に発売された日産自動車の3代目「キューブ」(写真:日産自動車)

軽自動車ではハイトワゴンの人気が続いており、中でもより背の高いスイーパーハイトワゴンのホンダ「N-BOX」が、爆発的ヒットを持続している。ダイハツ「タント」やスズキ「スペーシア」も、高い人気を誇るスーパーハイトワゴンだ。

同様の傾向は登録車(普通車)のコンパクトカーにも見られる。トヨタ「シエンタ」や「ポルテ/スペード」、ホンダ「フリード」などもハイトワゴンといえる車種だ。今回のテーマである日産「キューブ」も、ここに属している。

だが、キューブはこのところ販売台数を大きく減らしている。2016年には月間1000台を超えることもあったが、じわじわと販売台数を落とし、2019年に入ってからは300台を割る月もあるほどだ。こうした流れもあり、年内で生産を終了することが決まった。しかし、生産終了の大きな要因は、2020年からの車両安全規定に適合できないためであるという。

■真四角デザインの2代目がヒット

キューブは、1998年に初代モデルが誕生し、2002年デビューの2代目で大きな注目を集めた。単にコンパクトカーの背を高くしただけでなく、真四角の箱を印象付ける独特な造形により、外観から室内の広さや使い勝手のよさを想像させる、独特なハイトワゴンとして登場したからである。まさに、「立方体」というキューブの車名そのままの姿で現れたのだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)