今では「二千円札」をすっかり見かけない背景

今では「二千円札」をすっかり見かけない背景

2千円札 沖縄県では流通拡大

今では「二千円札」をすっかり見かけない背景

最近はすっかり二千円札を見かけなくなりました(写真:ニングル / PIXTA)

間もなく、2019年も年末を迎える。サラリーマンにとってはボーナス、年末年始の帰省費用、お年玉の準備など、お金が動く時期だ。金融機関におけるATMの混雑は年末の風物詩になっている。

そうした中で一向に目にしないのが「二千円札」だ。

二千円札は沖縄サミット開催を記念して、19年前の2000年7月19日に発行された紙幣だ。それゆえ、表の図柄は肖像画ではなく、沖縄首里城の守礼門となっている。欧米主要国では、アメリカは20ドル紙幣、イギリスは20ポンド紙幣、EUでは20ユーロ紙幣のように「2のつくお金」が発行され、よく流通していること、現金の支払い・受け取りに要する紙幣を節約できることが、二千円札の発行理由として説明された。

紙幣の節約とは、例えば、9000円を準備する場合に、二千円札がないと、五千円札1枚、千円札4枚の合わせて5枚の紙幣が必要だが、二千円札があれば、五千円札1枚に二千円札2枚のあわせて3枚で済むという意味だ。

そうして発行された二千円札は間もなく発行20年目を迎える。

■いったい、二千円札はどこに行ったのか?

しかし東京在住の筆者は、ここ10年の記憶をさかのぼっても、二千円札を目にしていない。いったい、二千円札はどこに行ってしまったのだろうか?

日本銀行の時系列統計データ検索サイトでは、種類別通貨流通高が検索できる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)