弾劾裁判は逆にトランプ大統領に追い風になる

弾劾裁判は逆にトランプ大統領に追い風になる

いよいよ年明けからは1999年以来、アメリカ政治史上3度目の弾劾裁判が始まりそうだ。だがかえってトランプ大統領の再選には追い風となるかもしれない(写真:代表撮影/Abaca/アフロ)

12月5日、ナンシー・ペロシ下院議長は下院司法委員会に対し、ドナルド・トランプ大統領に対する弾劾訴追状を作成するように正式に指示した。いよいよ決戦の時や来たれり。アメリカの歴史上3度目となる大統領弾劾が、これから始まろうとしている。

■気色ばむペロシ下院議長、トランプ大統領は余裕綽々?

その日の記者会見で、ペロシさんはめずらしく気色ばんでみせた。会場を去りかけたところを、記者から「大統領が嫌いなんですか?」(Do you hate the President?)と声をかけられた瞬間だ。

きっ、となったペロシさん、立ち止まって質問した記者をにらんだ。そしてまくしたてた。

「カトリック信者として、”hate”などという言葉を使われることは心外です。私は誰も憎んだりはしません。愛の心に包まれて育てられましたし、いつだって大統領に対して祈っています。今でも大統領に対して祈っています。――そんな言葉で勘違いしないでほしい!」

もっともその直後、トランプ大統領はこんなツィートを発している。
「ナンシー・ペロシは癇に障ったようだな。彼女は新しい(保守派の)判事が大勢誕生するのが気に入らないんだろう。株価や雇用情勢が記録的になることもね。『大統領のために祈っている』というけど、俺は信じないね。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)