あのトヨタが「日本橋」に構えた開発拠点の全貌

あのトヨタが「日本橋」に構えた開発拠点の全貌

TRI-ADが東京・日本橋に新設したオフィスでは、1人乗りの電動モビリティが行き交う。ゴミを拾うロボットもいた(撮影:尾形文繁)

オフィスフロアをぐるっと一周する200メートルの道路を、従業員が操る1人乗りの電動モビリティが行き交う。アメリカ西海岸のIT企業の雰囲気が漂うが、会社があるのは紛れもなく日本だ。

トヨタ自動車など3社の共同出資により去年設立された自動運転のソフトウェア開発会社、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)はこのほど、東京・日本橋に新設したオフィスをお披露目した。

トヨタはアメリカのシリコンバレーに、人工知能(AI)研究を行う子会社トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)を持つ。その技術を車両に実装するためのソフトウェア開発を行うのがTRI-ADだ。

今年7月に日本橋の高層ビルに入居し2フロアを使っていたが、12月に入り5フロアすべてが稼働した。畳敷きで掘りごたつがあるミーティングルーム、世界各国の料理を提供するお洒落な社員食堂、ハンモックやマッサージチェアもあるリラクゼーションスペースなど施設の充実ぶりには目を見張る。遊び心満載のオフィスで働く社員もどこか楽しそうだ。

■世界のトップ人材を日本橋に集める

自動車業界では自動運転技術の開発競争が激化している。トヨタの本社がある愛知県ではなく、東京に拠点を設けたのも人材獲得の面が大きい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)