30歳、プロ野球を3度クビになった男の波乱曲折

30歳、プロ野球を3度クビになった男の波乱曲折

2019年11月に現役を引退した元プロ野球選手の中後悠平。2020年1月から横浜DeNAベイスターズの球団職員として新たな人生を歩み出す(写真:TBSテレビ)

華やかなプロ野球の世界。活躍した選手には名誉と莫大な報酬がもたらされる一方で、競争に敗れ、表舞台から去りゆく選手がいる。そんな「戦力外通告」を受けた選手をドキュメンタリーで描いてきたのが、TBSテレビの『プロ野球戦力外通告〜クビを宣告された男たち』だ。

12月30日(月)夜10時からの放送回で通算16回目を迎えるこのシリーズ。プロ野球選手の姿は特別な存在ではなく、不況の中では誰の身にも起こりうる“究極のリアル”でもある。放送を控え、番組に関わるサイドストーリーを取材班が3回にわたってリポートする。

第1回は中後悠平(なかうしろ ゆうへい)。横浜DeNAベイスターズから戦力外通告を受け、今季限りでついに現役を退くことを決めた。番組に初めて出演してからはや5年。日米合わせて4球団を渡り歩いた、波瀾万丈の野球人生を語り明かしてくれた。

■一人の社会人として新たなスタートを切る中後悠平

待ち合わせたのは横須賀中央駅。年末恒例となったこの取材も4回目となった。ただ今回はちょっと事情が違う。彼はもう、プロ野球選手ではない。一人の社会人として新たな人生を歩みだそうとしていた。

「お待たせしました! 実はさっきまでパソコン教室に行ってきたんですよ」

聞けばこの日が受講初日だという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)