小林武史「生きる実感を得るためにできること」

小林武史「生きる実感を得るためにできること」

音楽プロデューサーである小林武史さんが、いま農場経営を本格化させる理由とは?(撮影:梅谷秀司)

2019年9月、スウェーデンの16歳の少女・グレタさんが国連気候行動サミットで行った怒りのスピーチが全世界で話題になった。地球規模で進行する環境破壊、その影響で広がる異常気象。今年、大雨や台風の甚大な被害を受けた日本でも、例年以上に危機感を持った人が多かったのではないだろうか。

こうした環境問題の深刻化を危惧して、20年前から、持続可能な社会に向けた取り組みを本気で続けている日本人がいる。サザンオールスターズやMr.Childrenなどのプロデュースを手がけてきた小林武史さんだ。

2003年に、環境プロジェクトへの融資を目的とした非営利団体「ap bank」の設立に始まり、関連イベントの野外音楽祭「ap bank fes」、そして東日本大震災の被災地を舞台にした音楽とアートの総合祭「Reborn-Art Festival」開催へと発展。

2019年11月には一連の活動の集大成として、千葉県木更津市の30ヘクタールにおよぶ広大な敷地に体験型ファーム「KURKKU FIELDS」をオープンした。

小林さんは社会の何を変えようとしているのか? 率直な疑問をぶつけてみた。

■日本人もそろそろなんとかしなきゃいけない

――活動は、ミュージシャンの坂本龍一氏と桜井和寿氏の3人で出し合った資金をもとに2003年に設立した非営利団体「ap bank」の活動から始まりました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)