新国立競技場はサッカーの「真の聖地」になるのか

新国立競技場はサッカーの「真の聖地」になるのか

新国立競技場で開催された今年の天皇杯決勝(筆者撮影)

2020年東京オリンピック・パラリンピックイヤーの幕開けを飾る第99回天皇杯決勝・ヴィッセル神戸対鹿島アントラーズ戦が元日に行われた。その舞台となったのは完成したばかりの新国立競技場だ。

昨年末の12月21日にこけら落としイベントが盛大に開かれたものの、スポーツイベントとしては天皇杯決勝が初。日本サッカー協会の田嶋幸三会長も「重要な五輪のテスト」と位置づけ、入念な準備の下、当日を迎えた。

好天に恵まれた新年初日。最寄駅の1つである外苑前駅が銀座線の運休で使えず、JRと都営大江戸線の利用に偏るため、アクセス面で多少の混乱があるのではないかと懸念された。

だが、開門がキックオフ3時間前の11時35分に設定され、それに合わせて早めに訪れた観戦客が多かったのがまず幸いした。チケット保有者がどのゲートからでも入場できるようにしていた点も奏功し、5万7000人超の大観衆の流れは比較的スムーズだった模様だ。

ただ、年初時点では、周辺道路の工事が終わっていないため、人々が移動しづらい環境だったのは確かだ。車いす観戦者が地上の道路で混雑に巻き込まれ、困惑する様子も見受けられた。すべての工事が完了し、周辺の柵が取り払われた後は道路幅も広がるというが、現状ではバリアフリー対応が十分とは言い切れないところがあった。

■利便性はまだ改善の余地がある

2階コンコースをチケット保有者の往来に限定していた点も懸念要素の1つ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)